スマイルが溢れる住まいをチョイス|エムスタイルで物件探し

部屋

一括査定から売却まで

集合住宅

業者選びから契約締結へ

不動産業者を選び出して諸々の手続きを仲介してもらうのがマンションを売る方法として一般的です。選ぶ方法として比較的よく利用されているのが一括査定であり、売る予定のマンションの情報から一括して多くの業者に査定価格を出してもらうことができます。その査定結果を参考にして実際に仲介をしてもらう不動産業者を選び出すことが可能です。査定価格がある程度は高く、相場からは逸脱していない業者を選んで相談に行き、信頼できると判断したら媒介契約を結びます。その際には訪問査定を受けてマンションの販売価格を決めるためのより詳細な査定価格を出してもらうのが一般的です。売るときにはまず販売価格を決めなければならず、ただの書面上の情報だけではなくマンションの現況を反映した上で適正価格を算出する必要があります。査定価格は必ずしも販売価格とは一致せず、売るのを急いでいる場合にはやや安くし、高く売りたい場合にはやや高めにすることが可能です。販売価格を決定したら不動産業者に販売活動を行ってもらい、買主を紹介を受けて売買交渉を行います。売買交渉では販売価格よりも安くしようと値下げ交渉が行われるため、それを見越して販売価格を高くしておくことも珍しくありません。互いの納得ができたら実際の取引価格が決まり、売買契約書を交わしてマンションの売買手続きができます。最後にマンションの引き渡しを行えば手続きは全て終わりになり、現金を手にすることができるでしょう。